MENU

WEN(ウェン)シャンプーの全成分徹底解析!どんな効果がある?

まずはウェンシャンプーの全成分表はこちらになります。(一番メジャーなアーモンドフレーバーのものになります。)

 

水、グリセリン、セタノール、セテアリルアルコール、アモジメチコンステアラミドプロピルジメチルアミン、ベヘントリモニウムメトサルフェート、アロエベラ液汁、カミツレ花エキス、ローズマリーエキス、パンテノール、加水分解コムギタンパク、アーモンド油、プルヌスセロチナ樹皮エキス、PEG-60アーモンド脂肪酸グリセリル、メントール、BG、ポリソルベート60、クエン酸、香料、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

 

全成分をひとつずつ解説します。

 

水: 溶剤になります
グリセリン: 安全性の高い保湿成分です
セタノール: 柔軟性と潤いを与える成分です。酸化しずらく製品を調整してくれます。
セテアリルアルコール: 乳化安定剤。皮膚の保護をしてくれます。
アモジメチコン: アミノ酸系シリコンです。髪をしっとりさせダメージから守ります。
ステアラミドプロピルジメチルアミン: 界面活性剤ですが従来の界面活性剤よりも刺激が弱く、髪にボリュームも与えてくれます。
ベヘントリモニウムメトサルフェート: ソフトな界面活性剤。頭皮・毛髪を保護して髪をまとめてくれます。
アロエベラ液汁: 保湿効能があります。
カミツレ花エキス: 保湿、収れん、消炎、血行促進や抗炎症作用があります。
ローズマリーエキス: 血行促進、抗炎症、抗菌作用があります。
パンテノール: 養毛、育毛効果があり、新陳代謝を活発にしてくれます。
加水分解コムギタンパク: コンディショニング、保湿効果があります。
アーモンド油: エモリエント効果があり皮膚に潤いと柔軟性を与えます。
プルヌスセロチナ樹皮エキス:保湿効能があります。
メントール: 消炎、血行促進の他、頭皮をさっぱりさせてくれます
BG: 抗菌・溶剤、減粘剤、香料、保湿効果があります
ポリソルベート60: 乳化剤になります
クエン酸: pH調整剤になります。
香料: 香りになります。
メチルクロロイソチアゾリノン: 防腐剤、防カビ剤です。
メチルイソチアゾリノン:防腐剤、防カビ剤 です。

 

一般的に出回っているシャンプーは、多くのものに石油系界面活性剤が使用されています。
これは、汚れを落とすために配合されるものですが、頭皮や髪の毛にとっては負担が大きくなってしまうんです。

 

ウェンクリームシャンプーには、刺激の弱い界面活性剤や、植物由来の乳化剤を配合しています。
ですから、頭皮にも低刺激性のシャンプーになっているんですね。

 

 

また、保湿成分として、ハーブを中心としたやさしい素材から抽出したものを含んでいます。
具体的には、ローズマリー、ミント、カモミール、アロエといった、なじみのあるハーブが使われています。

 

このため、外的なダメージを受けた頭皮ケアができます。

 

私の実際に使ったWen(ウェン)クリームシャンプーの効果口コミレポもあるので参考にしてみてくださいね^^

このページの先頭へ